MENU

遵守事項として風俗営業の許可取得後も守るべきルールを説明します

営業開始後の注意点

風営法は許可を取得したら終わりではありません。
営業開始後も、規則に違反しないため、様々なルールを守る必要があります。
ここでは、営業開始後も注意してほしい、風営法の順守事項をお伝えします。

許可取得後も、構造的要件に違反しないよう注意しましょう!

許可が下りたからといって、勝手にお店の構造やレイアウトを変更してはいけません。
許可取得後も基準に則って、運営する必要があります。
店舗の改装をする際は、まず行政書士に相談し、構造的要件に違反しないことを確かめましょう。
そして改装が終わったら、速やかに変更届出書または変更承認申請書を提出しましょう(※変更届出書及び変更承認申請書の申請は弊事務所でも代行可能です)。

 

各風営法ごとの構造的要件まとめ

営業時間は必ず守りましょう!

風営法は基本的に明け方から深夜0時までしか営業できません(地域・時期によって例外あり)。
深夜0時以降も営業したい場合は、深夜酒類提供飲食店営業の届出を提出する必要があります(ただし、深夜酒類提供飲食店営業は接待行為はできません)。
時間外の営業は法律違反となり、発覚すると営業停止になることもあるので、くれぐれも気をつけましょう。

>風俗営業の営業時間に関する解説はこちら

店内を暗くするのはやめましょう!

風営法には2号営業を除いて10ルクス以下になってはいけないなど明るさに関してもルールがあります。
許可を取得できたからといって、10ルクス以下に設定できるスライダックスなどの照明器具をこっそり導入してはいけません。
必ず一定以上の明るさを保つようにしましょう。

>スライダックスとは?詳しい解説はこちら

ハウスクリーニングお役立ちコラム

ハウスクリーニングお役立ちコラム

  • よくある質問
  • 料金プラン
  • 選ばれる理由
  • お客様の声

お役立ちブログ

風営法許可の基礎知識

対応エリア

■東京都

上野 / 秋葉原 / 浅草 / 池袋
高田馬場/銀座 / 有楽町
新橋 / 品川 / 原宿 / 渋谷
新宿 / 新大久保 / 代々木 / 恵比寿
五反田 / 六本木 / 赤坂 / 中野
高円寺 / 下北沢 / 蒲田 / 錦糸町
亀戸 / 新小岩 / 多摩 / 吉祥寺
立川 / 町田 / 八王子 / 赤羽
千住 / 日暮里 / 成増
大井町 / 巣鴨 / 大塚 / 吉原
自由ヶ丘 / 鶯谷 / 神田 / 神楽坂
北千住 / 竹の塚

■埼玉県

大宮 / 浦和 / 川越 / 志木 / 所沢
川口 / 西川口 / 北朝霞 / 富士見
蕨 / 熊谷 / 越谷 / 深谷

■千葉県

千葉 / 浦安 / 船橋 / 柏 / 海浜幕張
富里 / 松戸 / 津田沼

■神奈川県

横浜 / 新横浜 / 関内 / 川崎 / 溝の口
武蔵小杉 / 横須賀 / 相模原 / 大和
平塚 / 厚木 / 新横浜 / 小田原
長者町 / 上大岡 / 桜木町 / 相模大野

ご相談・お問い合わせはこちらから

受付担当者:丸亀辰也(まるがめたつや)

お気軽にお問い合わせください!
0120-455-448
メール問い合わせはこちら
© 2017 風営許可申請ホットライン All Rights Reserved.